Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next

4

Share

初期研修医向け救急対応講習2020-1 

1年目初期研修医に対する救急科研修の講習。第1回目導入編です。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

初期研修医向け救急対応講習2020-1 

  1. 1. 救急対応 2020-1 「基本的考え方」 秋田大学大学院医学系研究科救急集中治療医学講座 奥山 学 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 1
  2. 2. 救急外来  本当に具合の悪い人がやってくる  ちょっと具合の悪い人がやってくる  具合の悪い原因がわかっていないことが多い  診断と治療の両方を考える必要がある  心肺停止患者を看取ることもある  他職種とのかかわりがある © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 2
  3. 3. 救急外来の心得1  患者との関係  指導医との関係  他職種との関係  地域での役割を理解する © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 3
  4. 4. 救急外来の心得2  最終診断は不要  専門医に相談すべきか否かを判断すればよい 相談の基準を明確にする  重症患者だけは見逃さない  救急対応も定型化、標準化  すべての患者に同じように対応し、見逃しをなくす  振り返り  記録 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 4
  5. 5. 例 救急隊から受け入れ要請  80歳代男性  自宅でぐったりして動けない  JCS1  呼吸数24回 SpO2 95%(room air)  BP 110/74 HR120  BT 38.3℃  冷汗、顔色不良  既往歴 脳梗塞 高血圧 糖尿病 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 5
  6. 6. 可能性の高い病態 1. 肺炎 2. 尿路感染 3. 腹腔内感染 見逃すと命にかかわる危険な病態 1. 心筋梗塞 2. 大動脈解離 3. 肺梗塞 4. 脳卒中 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 6 鑑別診断
  7. 7. 救急車到着前の準備  酸素  心電図モニター、血圧、SpO2モニター  輸液  採血  US  X線写真  十二誘導心電図 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 7
  8. 8. 救急車病院到着 まず何をしますか? ABCDアプローチ 輸液、採血、心電図、X線写真 SAMPLE(FAMPLES)病歴聴取 詳細な身体所見 追加検査 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 8
  9. 9. ABCD Survey と蘇生処置 A 気道は開通しているか? →気道確保 B 呼吸数、SpO2、頸部から胸部の視診、聴診、触診 →酸素投与 C 橈骨動脈の触知、脈拍、皮膚所見、血圧測定 →輸液、同時に採血 D 意識レベルの確認 JCS GCS 不穏、不安の有無 →ABCの安定化 E 衣服をとって全身の観察、体温測定 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 9
  10. 10. ABCDE survey for Trauma Airway Breathing Circulation Disability Make a rapid neurological assessment. Exposure Undress the patient and look for injury. © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 10
  11. 11. 救急外来の診療手順 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 11 見逃しをなくすために どんな患者にも同じ診療手順 ABCDEアプローチ&SAMPLE(FAMPLES)聴取 鑑別診断は2系統(最低3つずつ上げよう) 見逃してはいけない 危険な病態 可能性の高い病態
  12. 12. Vital signs とは 1. 血圧 2. 脈拍 3. 呼吸数 4. 体温 5. SpO2 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 12 1. C 2. C 3. B 4. E 5. B 6. D 7. C? 6. 意識レベル 7. 尿量
  13. 13. 一般外来  ほとんどが定期通院  すでに診断がついている  バイタルサインの異常をきたし ている人は少ない 救急外来  症状を持った人が受診  多くが急性発症  ほとんどは診断はついていない  バイタルサインに異常がある  バイタルサインの異常が多い、 大きいと重症、緊急性が高い © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 13 バイタルサインの異常
  14. 14. 症例1  80歳代男性  肺疾患の既往無し  肺炎で入院中  SpO2 99%(酸素マスクO2 6L)  BP 110/74 HR120  BT 38.3℃  JCS1  尿量50mL/2時間 どういう印象を持ちますか? 1. 呼吸数16回/分だったら? 2. 呼吸数28回/分だったら? © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 14
  15. 15. 症例2  80歳代男性  慢性肺気腫で在宅酸素療法施行して いる  肺炎で入院  SpO2 99%(酸素マスクO2 3L)  BP 110/74 HR120  BT 38.3℃  眠っている  尿量50mL/2時間 どういう印象を持ちますか? 1. 呼吸数18回/分だったら? 2. 呼吸数10回/分だったら? © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 15 呼吸数は必ず評価!
  16. 16. AMPLE(SAMPLE) S sign, symptom 症状 A allergy アレルギーの有無 M medication 内服薬(お薬手帳を確認) P past medical history 既往歴 pregnancy 女性の場合 妊娠 L last oral intake 最後にいつ何を飲食(内服)したか E event 出来事 何が起きたのか © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 16
  17. 17. FAMPLES F family history 家族歴 A allergy アレルギーの有無 M medication 内服薬(お薬手帳を確認) P past medical history 既往歴 pregnancy 女性の場合 妊娠 L last oral intake 最後にいつ何を飲食(内服)したか E event 出来事 何が起きたのか S smoke sake syoku タバコ、酒、職業(生活歴) © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 17
  18. 18. 痛みの問診 Onset of the symptom 発症様式 Palliating and provoking factors 増悪・寛解因子 Quality of the symptom 症状の性質 Related factors/symptoms 関連因子・関連症状 Region and radiation 部位・放散 Severity of the symptom 強さ Temporality of the symptom 時間経過 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 18
  19. 19. 痛みの問診 Onset 発症様式 Progression&Position 痛みの経過と場所 Quality 性質 Radiation 放散痛 Severity 痛みの程度 Tolerance 寛解因子 Unable to tolerate 増悪因子 Various symptoms 随伴症状 © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 19
  20. 20. 鑑別診断  When you hear hoofbeats, think of horses not zebras  When you hear hoofbeats look for horses not zebras.  If you hear hoof beats in the distance don’t expect a zebra.  When you hear hooves think of horses before zebras. © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 20 「ひづめの音が聞こえたら、シマウマではなく馬を捜せ」 まずは頻度の高い疾患から考えろ
  21. 21. 救急研修のやり方 1. インプット 2. 実践 3. 内省 4. アウトプット © 2020 M.Okuyama Akita University Graduate School of Medicine 21 理解する 説明できる 説明する 記憶に 残る これを繰り返すことで知識と経験が蓄積していく
  • YukaFujita

    May. 13, 2021
  • ShunsukeUeno1

    Apr. 18, 2021
  • ssuser3b734c

    Jun. 25, 2020
  • ssuser1cf929

    Jun. 8, 2020

1年目初期研修医に対する救急科研修の講習。第1回目導入編です。

Views

Total views

261

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

89

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

4

×