Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1 of 1

感染症学会ポスター

1

Share

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

感染症学会ポスター

  1. 1. 感染症教育 「適切な抗菌薬使用」は 「感染防御・感染 事故防止」などとともに患者安全の意味にお いて非常に重要であり、それを推進するため 院内教育は非常に大きな意味を持つ。 実情 しかし、抗菌薬についての教育効果をあげる 事は、非常に難しく、カークパトリックの成 人学習効果レベルのレベル3(行動変容)ど ころか、レベル1さえも難しいケースも多 い。 実際、当院でも過去に何度か院内で抗菌薬の 勉強会を開催しているが、アンケート結果 (看護師96名対象)をみても、「抗菌薬の適 正使用の知識」について、ほとんどの看護師 が「自信が無い(苦手)」と回答している。 医師においても院内の抗菌薬の使用法を見る と、きちんとした知識をもってるとは言い難 く、「今までの経験則」から使用している例 が散見された。 しかし、一方で学習意欲がないかと言えばそ うでもなく、今までの学習デザインに問題が あると思われた。 また、当院では「抗菌薬の適正使用マニュア ル」を数年前に作製しているが、その認知た るや散々たるものであった。 開発背景 MMIInnddMMaappの導入� 「感染症教育」へのMidMapの導入 マインドマップは、英国の教育者トニー・ブザンが開発した自然な形で脳の力を引き出す思考技術で あり、複雑に同時進行する思考・行動を「見える化」するのに役立つ。これは、「熟練者が、どのよ うに考えて抗菌薬使用を行ってるか?」を知るのに役立ち、初学者が「どのように抗菌薬使用を考え ていくか?」を整理するのに有用であった。 また、マインドマップは、俯瞰で全体像を見るのに適していることから、初学者に「この部分の学習 が臨床現場全体にどう関連するか?」というのを示すことができ、動機付けにも有用であった。 まとめ・行き先 当院では、3年前よりNST教育においてもMindMapを導入して おり、「学習の動機付け」や「多職種の多視点を 活かした連携」の点において有効なツールとして活用して いる。今回、感染症における「抗菌薬の適正使用」の院内教育 ツールとして導入した。まだ、導入したばかりで教育効果を判 定する必要はあるが、今後、学習ツールだけでなく、ICT回診時 のチェックリストとしてなど、幅広く活用していきたいと思っ ている。 COI開示: 演題発表に関連し、開示すべきCOI 関係にある企業などはありません。 「MMiinnddMMaappを用いた 院内感染症教育およびIICCTT活動」 埼玉成恵会病院 外科 清水広久            

×